このページは、@wiki で 2010年10月08日 01:40:39 GMT に保存された http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/daily/201003/10 キャッシュです。
ユーザがarchive機能を用いた際、@wikiが対象サイトのrobots.txt,meta情報を考慮し、ページを保存したものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 こちらから 最新のページを参照してください。
このキャッシュ ページにはすでに参照不可能な画像が使用されている可能性があります。
@wikiのarchve機能についてはこちらを参照ください

@wikiはこのページまたはページ内のコンテンツとは関連ありません。

このページをキャッシュしたwikiに戻る

★おつるの秘密日記 酒と薔薇と愛の日々★
Google グループ
日本シルクロード科学倶楽部
このグループにアクセス

ニックネーム:おつる 鶴姫 (洗礼名ジャンヌダルク)
性別:女 
年齢:いい感じの年 
都道府県:兵庫県
サッカー大好き♪好きなサッカーチームもちろん★バンヴェール兵庫★マリリン・モンロー大好き♪自衛隊ファン♪ JAZZが大好きー♪ 猫が大好き♪ そして 何より好きなんは・・ビールやね♪

»くわしく見る
2010年03月10日(水)
★3月9日【日朝友好】 日の丸を下ろし、朝鮮公民施設を借りてみる 
3/11追記 削除された動画を見たい人は こちらへ↓ http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/article/1282/ 京都関西委員が朝鮮総連本部に対して、 なぜ税金を免除しているのか????? その理由は「地域住民に対して空き部屋があれば解放する」という条件がある事を聞き、我々は日朝友好を願い施設の使用許可を求めに行きましたが、 朝鮮総連側は「そんな物は関係ない」と喧嘩腰に怒鳴り、非常ベルを鳴らし、110番した  つづきは、まだアップされていませんが とりあえず オープニングだけ・・・・。 ブレちゃんもふらふらだと思いますので ご勘弁を・・・
2010-03-10 01:36 | 記事へ | コメント(5) | トラックバック(0) |
| 在特会 / 【Team関西】 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/1281/
★日朝友好のために、朝鮮総連を訪問してきました。 が・・・・
拉致問題、朝鮮学校無償化問題、北朝鮮ミサイル問題、
などなど・・・いろいろ大きな問題があります。

またチーム関西の朝鮮学校前の 京都市民の児童公園への
占拠に対しての行動などで チーム関西が、差別主義者やレイシストなどと誤解をうけています。

また、 国連の差別撤廃委員ら朝鮮学校無償化除外に疑念 と現在国連が、日本政府に対して朝鮮学校無償化問題について「差別だ」などと介入。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/361967/

以前 2006年にも、カトリックのキムジョンイル賛美者であり
元国連大学長の武者小路公秀による反差別国際運動の
ドゥドゥ・ディエン氏(セネガル出身)への介入による

国連人権委特別報告者 朝鮮学校への差別的処遇根絶を 
日本政府に勧告
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/05/0605j0304-00001.htm
というニュースもありましたが

私たちは、拉致をする朝鮮人や反日言動・活動をする朝鮮人や日本人には厳しい言葉もいいますが
本来、差別主義者でもレイシストでもありません。


帰化して日本に溶け込んでおられる方や 親日の方など
素敵な友人もいますし、尊敬する人もいるんです。



朝鮮総連の建物は、「公民館類似施設」として
一般地域市民に解放し貸出しをするということです。


現在、日本の公民館などは「ハングル語」講座であるとか
従軍慰安婦の講演会や映画など、
朝鮮、韓国の方にも貸し出しをしているのですから

逆に 日本人が朝鮮総連の建物を借りて講演会をし
朝鮮総連の建物を広く一般の日本人に解放してもらうという
取り組みは 「日朝友好」のために いいことですよね。

そこから、差別の問題であるとか拉致の問題であるとか
政治家だけでなく 一般の日本人と朝鮮総連の解決に導くための
方法論や対話にもつながっていく可能性もあるのではと思います。

私は、教員免許や 茶道・華道・着付けなどの伝統文化の免許も
持っていますし、音楽や家庭科の教育の経験もありますので

朝鮮総連で 朝鮮学校の子供たち向けの
子供茶道・華道・日本の音楽・日本の料理講座や
日本の歴史講座もできるかもしれません。

現在 日教組により、大阪府・兵庫・京都では
日本の子供たちに「多文化共生」や「人権」の名のもとに
朝鮮・韓国の踊りや音楽・料理・文化・ハングル語などに
親しむという教育を、道徳や総合の時間を割いてしているのです。

その逆バージョンで 朝鮮学校の子供たちに
日本の伝統文化や音楽などを教えるのは いいことですよね♪

また講演会などを開いて、朝鮮総連と極左や左翼だけでなく
日本の一般市民とが 学びあい、語り合うこともいいことです。



というわけで、
朝鮮総連を訪問してきました。
以下はレポートです


まず、チーム関西の四天王と、Rさん、私、カメラのブレちゃんで
入口にはいって、車をたくさん止めてある庭を通り抜け・・・
斉さんは、腕に友好のために朝鮮の旗の腕章もつけました。

受付の女性に「こんにちは」「アンニョンハセヨ」とご挨拶。

するとすぐに、男性が出てきて・・

斉さんが「公民館を借りたい」と言うと
「公民館だけど 公民館じゃない」?? 
「誰にでも貸すわけじゃない 出て行け」と
しばらくすると、数人の男性が出てきて「不法侵入」?などと
叫びながら怒号を。  

そして私たちの話も聞かず、いきなり警察に電話すると同時に
非常ベル!!
 びっくりです。
他国の大使館でもあるまいに・・・。

私はバチカン大使館に訪問したことがありますが、
ものすごく礼節を持った対応ですよ。

一般の公民館で、礼節を持って
申し込みに来た人に対して、普通、いきなり警察を
呼んだり、非常ベルならします?? 信じられない

カメラを撮るな!!と叫びながら 私たちを撮影しています。

そして、しまいには、大声で「デテイケー」と叫びながら
こちらは数名なのに 大勢の人が出てきて
無理やり、ぐいぐい腕で何もしていない私たちを押してきたり、
突き飛ばしたり・・・・

私は大きな男性に押されて、玄関でこけて、痛かった・・・

私たちを心配した友人たちが、総連の門や入口のところにいて
大騒動になりました。

私はおとなしく立って話を聞いてくださいと言っているだけなのに
総連のおばあさんやおばさんが 目を三角にして でていけと
怒鳴り散らして、ぐいぐいチカラまかせに何度も何度も私を押してくるのでほんと困りました。

しまいには 京都府警が呼ばれてやってきて、
一緒になって、総連側に立って、「デテイケ」と

総連の人が重たい大きな鉄の門を閉めようとしている危ない時に

「やめてください、危ないです。門が閉まっていて出れないので
あけるようにしてください」と頼んでいるのに

ぐいぐい警察も一緒になって、私の体や腕をつかんだり押してきて
私は警察官に足を踏まれたり、閉まりかけた門にはさまって
腕に怪我をして、とっても痛かった・・・

ぐいぐい押してくるおばさんがあまりに乱暴なので
手を払いのけて「やめて」と言うと
奥から、朝鮮総連の男が「ボケ!!!ボケ!!!」と私に
何度も言ってくるし、

総連の男性も女性も 気が狂った人のように叫んで
押してくるので、びっくりでした・・・・

対話も何も・・・・

若い総連の男性は少しましで、「申し込みに来たのに
いきなり でていけや暴力はないでしょう??」
「そのおばさんを見てくださいよ、私が丁寧に話しているのに
キチガイみたいに叫んで押してきておかしいでしょう?」と言うと
「それはそうやけど・・」と困った顔をしていました。

丁寧に話し、何の暴言も暴力もしていない
防衛だけしている私に対して

ボケと叫ぶ、出ていけと 叫ぶ・・・・

これは 差別主義・排外主義・レイシストって
いったい どちらなのかしら・・・と茫然・・・。
呆れてしまいました。

中には「ヤクザとつるんでるんや」「殺すぞ」との声も・・・
聞こえてきましたが・・・


おつるは、人生に悔いはないので
いつ死んでもいいんだけど、殺されるのは いやだなぁー


対話や 日朝友好・・多文化共生 
これでは 難しいね・・・

と つくづく思った一日でした。

動画が順番にアップされつつありますので
見ていただけたらなと思います。

冷静に対話しましょうよー????
これでは、親日の朝鮮の人々のイメージまで悪くなってしまいますよ。

 仲良くできないの??

大人がこれじゃ、朝鮮学校の子供はかわいそうね



カトリック正義と平和協議会のせいで カトリック全体が
反日と思われているような状況とちょっと 同じような・・・


私やJellyちゃんに
怪我をさせた京都府警や朝鮮総連はあやまってもくれなかった。

冷静になったら、心ある人間なら
京都府警と朝鮮総連は、謝ってこられることを祈ります。


まだ手首の骨のとこ、痛いです。


京都府警に「兵庫県警、大阪府警を見習いなさい」と
言ってやりました。

ろーちゃんは 大阪府警西署の素晴らしさを見習えと
言いました。
2010-03-10 00:18 | 記事へ | コメント(10) | トラックバック(0) |
| 在特会 / 【Team関西】 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/trackback/1280/