このページは、@wiki で 2008年02月01日 01:47:47 GMT に保存された http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20060613bk04.htm キャッシュです。
ユーザがarchive機能を用いた際、@wikiが対象サイトのrobots.txt,meta情報を考慮し、ページを保存したものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 こちらから 最新のページを参照してください。
このキャッシュ ページにはすでに参照不可能な画像が使用されている可能性があります。
@wikiのarchve機能についてはこちらを参照ください

@wikiはこのページまたはページ内のコンテンツとは関連ありません。

このページをキャッシュしたwikiに戻る

没後10年 丸山真男を語る (上) : 出版トピック : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
YOMIURI ONLINE
@本よみうり堂メニューです
本文です

出版トピック

没後10年 丸山真男を語る (上)

右派の「無念共同体」を封印 竹内
社会批判 奥底に自己批判 苅部
一筋縄でいかない戦後知性 橋本

 戦後を代表する日本政治思想史研究者で、リベラリストの丸山真男が亡くなって今年で10年。歴史社会学者の竹内洋、日本政治思想史が専門の苅部直、本社編集委員の橋本五郎の3氏が、「戦後」と格闘した知の巨人の思想、その可能性について語り合った。

 橋本五郎 戦後の丸山真男への評価は、民主主義の教祖のようにあがめるか、あるいは西洋崇拝者、大衆から遊離した啓蒙(けいもう)家として批判するかの両極になりがちだった。戦前の超国家主義を完膚なきまでに批判し、「戦後民主主義の虚妄に賭ける」と言い切った進歩的知識人の巨頭だっただけに、左右両派の評価の分裂は避けがたかったかもしれない。だが没後10年、著作集など資料が出そろい、ようやく冷静な丸山論ができる時代になった。その成果が竹内さんの『丸山眞男の時代』であり、苅部さんの『丸山眞男―リベラリストの肖像』だと思う。まずお二人の丸山との「出会い」をうかがいたい。

 竹内洋 大学時代に『日本の思想』を読み、分析概念のダイナミックな使い方にイカレてしまった。戦後の大衆教養主義世代の私にとって、丸山は初恋の人のような存在だった。だが私は地方の出身だったし、東大の先生である彼は「精神の貴族」で、国粋主義に熱狂するような庶民の気持ちはわかっていないとも思い、正直言えば愛憎併存。大衆像については思想家の吉本隆明の方がすごいと思った。

 橋本 思想家というには筋ばかりの人間、学者というにはあまりに生々しい問題意識を貫いている「奇異な存在」という吉本の丸山批判は確かに強烈だった。

思考のヒントの泉

 竹内 丸山は戦後知識人の間に「戦争をなぜくい止められなかったか」という「悔恨共同体」ができたとの議論を立てた。しかし右派知識人には「今度こそうまくやろう」という「無念共同体」があった。丸山は、この「無念共同体」をあってはならないものと、封印した。そのあたりは今回の本のテーマでもあった。

 苅部直 自分が本を読むようになったころ、丸山はもうほとんど書かなくなっていたので、はじめは歴史上の人物のように思っていた。おなじ政治思想史の研究をするようになってから読み返して、改めて重要性がわかった気がする。折にふれ再訪すべき、思考のヒントの泉という意味で。

 橋本 保守派の論客として知られた日本政治思想史の研究家、坂本多加雄(故人)も研究者としての丸山は「偉大な先達」として尊敬していた。しかし、進歩的知識人として政治的発言をする丸山には厳しい見方をしていた。私も全く同感で、学者としての丸山は仰ぎ見る高い峰だが、全面講和論を唱えたり、共産主義国家の負の側面を見落とした。国際政治についての見方は間違っていたと思う。

 苅部 ソ連の政治体制に対しては厳しく批判したが、冷戦を論じる際、概して東側に甘かったのはたしかだろう。市場経済が生みだす不平等を問題視したせいもあるが、やはり中国に対する戦争責任の意識が大きい。人民公社路線までほめてしまったのは、その表れではないか。

 竹内 若い時に留学する機会がなかったことも大きかった。外国を活字でのみ学んだ限界があったかもしれない。

 橋本 西洋に過大な憧憬があった。

 苅部 岡田斗司夫さんたちが手塚治虫について評された言い方を借りると、丸山真男の中に、「白丸山」と「黒丸山」、二人の人物が共存しているようなところがある(笑)。市民は自らの理性に目ざめて政治にかかわるべきだと推奨する丸山と、大衆社会では理性の発揮など不可能で、人々は情報操作を通じて政治権力に管理されるだけだと説く丸山と。60年安保の際、市民に立ちあがるよう呼びかけた「白丸山」の側面のみが、いつも注目されてしまうのは不幸なことだろう。

 純粋な理想主義を唱えたように見える、全面講和論の声明も、その論法はむしろ、国家の利害を冷徹に計るリアリストのそれ。今日から見れば、もしこの運動がなければ、アメリカからの再軍備要求はもっと過酷になっていたのでは。

 橋本 それは全面講和論の正しさの証明にはならない。そもそも全面講和論、非武装中立論がなければ軍国主義化が進んだと言えるのか。後の社会主義国をみれば、彼はやはり間違っていた。

国粋主義にトラウマ

 竹内 左派的な運動にかかわったのは戦前の国粋主義に対するトラウマがあったから、ともいえる。彼自身、学生時代に治安維持法違反の容疑で逮捕され、東京帝大の助手になったころにはウルトラ国粋主義者の蓑田胸喜(みのだむねき)による帝国大学教授糾弾運動もあり、相当な恐怖心をもった。だから「ほうっておいたら右翼の勢力が盛り返す」と考えた。恐怖心も戦後日本の読み誤りに関与している。

 苅部 右翼だけでなく、左翼に対してもまた、ラディカルな行動による変革へのあこがれを、辛辣(しんらつ)に批判している。左右いずれにせよ、大衆社会が生む政治運動の急進化を警戒して、しかも50年代の「逆コース」の状況では、ナショナリズムの復活と国家権力との結合を憂えたのだろう。

 しかし、日本のナショナリズムへの批判には、もう一段深いところもある。自分が軍隊生活で、上から下への「抑圧移譲」の病理現象を、批判的な目でながめながら、それに抵抗できなかった弱さ。そうした自己の内なる敵にうちかって、個人の自立を達成しようとする自己批判が、丸山の日本社会批判の奥底にあった。

時代は「思い」と乖離

 橋本 終戦の日の「8月15日」を機に「自立した個人が支える日本社会にしなければいけない」と過剰なまでの使命感があった。ところが普通の人は「自立した個人」よりも生活が楽になればいいと思う。「高度消費社会で幸せになればいい」というのはまさに戦後の自民党政治。時代はどんどん丸山の思いと乖離(かいり)していく。ここにも彼の悲劇があった。

 竹内 その丸山の複雑さは、しかし、大きな魅力にもなっている。彼は「ズルズルベッタリ」の日本的な情緒主義を嫌って明解さを好んだ人だけれど、ワーグナーの音楽を聞くと全身の毛穴に戦慄(せんりつ)が走るというようなことも書いている。デモーニッシュ(悪魔的)な情念があるのに、あえて禁欲していく。そんな緊張関係によって丸山の学問の魅力が生まれている。また丸山は、山の手階級と言えば言えるが、アッパーミドルクラスと言えるほどの上流階級の出ではない。存在自体がマージナルマン(境界人)のようなところがあって、その立ち位置が見えるところを多くし、深くした。

 橋本 その緊張関係を華麗な文体で表現した。「『である』ことと『する』こと」「論理と心理」などタイトルも実に巧みだ。一筋縄でいかない戦後稀有(けう)な知性だ。丸山真男とは何者か。それを一言で言えないのが丸山真男だ。

 まるやま・まさお 政治学者、思想史家。1914年大阪府生まれ。ジャーナリスト丸山幹治の二男。東京帝国大学法学部政治学科に入学、南原繁に師事。応召し、復員した翌46年、雑誌『世界』に「超国家主義の論理と心理」を発表。日本を戦争に駆り立てた要因を天皇制国家の無責任の体系に見いだし、論壇に衝撃を与えた。以後、戦後民主主義の代表的知識人として積極的に発言、西洋の政治思想に立脚しながら日本人の近代意識の成長過程を探る独自の手法は「丸山政治学」と呼ばれた。60年安保では反安保の論陣を張ったが、東大紛争では沈黙を守り、全共闘学生から攻撃された。71年東大教授を退官。96年、82歳で死去。自らが戦後日本を見据える原点とした終戦の日(8月15日)が、命日となった。

 はしもと・ごろう 本社編集委員。1946年秋田県生まれ。慶応義塾大学卒。著書に「橋本五郎の『どうなる日本!』―政治・経済ここがポイント」(弘文堂)など。

 かるべ・ただし 東京大学助教授・日本政治思想史。1965年東京生まれ。著書に「光の領国 和辻哲郎」(創文社)、「丸山眞男―リベラリストの肖像」(岩波新書)。

 たけうち・よう 関西大学教授・歴史社会学。1942年新潟県生まれ。著書に「日本のメリトクラシー―構造と心性」(東京大学出版会)、「丸山眞男の時代」(中公新書)

(2006年6月13日  読売新聞)

『丸山眞男の時代』

  • 竹内洋
    出版社:中央公論新社
    発行:2005年11月
    ISBN:4121018206
    価格:¥903 (本体¥860+税)
    この本を買う

『丸山眞男』

  • 苅部直
    出版社:岩波書店
    発行:2006年5月
    ISBN:4004310121
    価格:¥777 (本体¥740+税)
    この本を買う

『日本の思想』

  • 丸山真男
    出版社:岩波書店
    発行:1992年2月
    ISBN:400412039X
    価格:¥735 (本体¥700+税)
    この本を買う